国内の格安航空券で気をつけること

短い距離なら問題なし

私の経験上、アメリカまで半日以上テレビも付いていないデルタ航空の狭いシートで、両隣を異国の男性に挟まれトイレにも立てず泣いた経験があるので、国内旅行であれば、格安航空券でもシートの空間自体に問題はなさそうです。
客室乗務員ももちろん外国の方がいらっしゃいましたが、日本語も話せるようで、突発的な緊急事態などが起こらない限りコミュケーションにも問題はないと言えそうです。
時間帯さえ気をつければ、格安航空券を使う価値はあると思いますが、日本の航空会社のようなホスピタリティは期待しない方がいいでしょう。
以前、バスの遅延のため羽田発沖縄行きのJAL便の飛行機に乗れなかったことがありました。
しかしながら、JALではその次の便の飛行機のシートを友人の分も無償で振り替えてくれた経験があります。
格安航空会社では、このようなことはあり得ませんし、例えこちらの落ち度の全くない欠便だとしても、キャンセルするように求められるだけで振り替え便などは期待できません。
そのため、ハネムーンや卒業旅行など、一生の思い出に残るフライトの場合は、そのようなリスクを考えると、格安航空会社は利用しない方がいいかもしれません。
しかしながら、航空券のオンライン予約から搭乗まで、全てセルフサービスにはなりますが、日程変更の可能性がなく、旅程にも余裕があり、手荷物も少なめであれば、通常の航空会社を利用するよりも圧倒的な安さで利用することができるためおすすめです。

友達にあうため格安航空券を利用 / 簡単にチェックイン / 短い距離なら問題なし